家電・オーディオ・カメラ

マクセルイズミって知ってますか? 驚きのコストパフォーマンス。往復式が好きでラムダッシュが少しヒリヒリする方に…. マクセルイズミのシェーバーがおすすめです

今日はシェーバーの話です。

ブラウンでもないパナソニックでもない、良いシェーバー見つけたのでご報告させてください。

このブログでも以前取り上げたmyシェーバー フィリップスの9000がバッテリーヘタってきました。4年も毎日使ったのでまったくもって十分活躍してくれたわけですが….

今男性のシェーバーで圧倒的に売れているのがパナソニックのラムダッシュです。

今まで2度試しましたがなんだか肌に合わず肌に優しいフィリップスを愛用していました。

なんでこの方式が肌に優しいのかわからないのですが、フィリップスは左の回転式。

ラムダッシュやブラウンなどは右の往復式になります。主流はこのへんなのですが、日立はこれをミックスさせたロータリーシェーバーなるものを出してきてます。

 往復式に見えて実は円柱状の刃が回転するという変態仕様です。

日立の未知数は少し置いておいてランキングで見ると、この回転式と往復式が主流です。

肌が弱い人は回転式がいいとされているのですが、肌がそんなに弱くない私でも、ラムダッシュで剃ると少しヒリヒリしてしまうため、回転式のフィリップスを愛用していました。

フィリップスの9000シリーズはもうぞっこんで、回転式が好きなのでフィリップス一択なんですが、また買い直そうと覗いてみると….

この4年であまり変わっていないじゃないですか…..

 

なぜほとんど一緒なんだ…

なぜ進化していないんだ…..

もうこのモデルは4年間も十分体感した。 また次の数年同じモデルはなんだか嫌です。

4年も使った同じモデルにまた2万円出費するのが嫌な感じわかっていただけますでしょうか?

自動車のフィットを購入して何年も乗りました、でやっぱり次買うフィットはモデルチェンジしてほしい…..

そんな心境です。

ならばと9000番代の

新しいモデル探しました。

 

一応出てるのですが、嫌がらせのように高いです。

何だこれは…. 

宇宙へでも飛べるのか?

こんな超絶モデルより 普通の9000の進化版を出してほしい。

フィリップスの5000シリーズ、7000シリーズの駄目なところも知っています。9000シリーズになるとヘッドの中まで動くんです。なので9000の進化版しか欲しくないんです…..

私と同じ思いのフィリップスユーザーの方たくさんいらっしゃると思います。

何か他にいいものはないのか…….

探してみました。

価格comを見ていると マクセルイズミというメーカーがランクインしています。

知らなかったメーカーですが、パナソニック、ブラウン、フィリップス勢に食い込んでいます。評価が高い。往復式なのに肌が痛くならないということです。

これは期待できる。

5枚刃の往復式で更に価格が安い。

panasonicの5枚刃仕様になると倍の値段します。

特化した部分で家電メーカーに食い込んでるメーカーがあると、応援したくなります。

f:id:talbotbuy:20200606132831j:plain

買ってみました。5枚刃949(左)と4枚刃558(右)になります。

なぜこんな事になってるのかと言うと、マクセルイズミの実力を知りたく、安い方の558を買ってみました。

これ。

 

4千円代前半で4枚刃 電池も恐ろしく持つという評価です。

こちらのモデルはヘッドはラムダッシュのように動かないですが、

剃ってみたところつるつるになりました。 あと往復式なのに肌が痛くならない

IZUMIは電設工具のメーカーでもあります。

なので刃物のプロフェッショナルなのかもしれないと思いました。

こんなものを切ってるメーカーに

f:id:talbotbuy:20200606154600p:plain

ひげが切れないわけない…..

気づいたら上のグレードも届いていたというわけです。

 こちらは5枚刃

f:id:talbotbuy:20200606161003j:plain

 ラムダッシュで言うと2-3万円の価格帯の仕様が1万円前半で購入できてしまう。

3年保証+3年も替刃交換不要で1ヶ月充電不要、IPX7の防水付きです。

チタンコーディングされたステンレス刃です。

IZUMIは刃の専門家、マクセルは電池の専門家です。

なのでこんな商品ができたのかなーと…. 

一体どうなってんだと….

 

価格帯の安いマクセルイズミ558とこの949比べてみましたが確かにヘッドが動く分949のほうが剃りやすいです。

あっという間に剃れます。 更にすべすべ…

949の方が金網パーツの押し込みのときのスプルングが柔らかく、

更に肌に馴染む感じです。

開けるとこんな感じ かんたんに掃除可能です。
ヘッドが金属のダイキャスト。これが少し重たい原因。 取り回しを考えるとプラでもいいかと思ったのですが、ヘッドをダイキャストにすることで高速振動を緩和させているみたいです。

こちらが刃のユニット

ただ安い方の558も剃り味は全く負けていません。

949に比べると簡素化されていますが、同じようにツルツルな感じになります。

どちらも後ろにトリマーがついています。

949の方はなんだかすごい重厚感です。

一つ残念なポイントを上げると


ヘッドの傾き料が少ない。

これがラムダッシュぐらいまで左右に傾けば言うことなしだったのですが….

深ゾリやフレキシブルなヘッドを求められる方はラムダッシュです。

ただこの仕様でお値段、剃り心地を考えると とんでもコストパフォーマンスな商品だと思いました。

往復式でひりひりされている方にはマクセルイズミおすすめします。

往復式でも肌に優しくて良いです。

948なんか5枚刃で8980円です。

4枚刃の758もGSHOCKみたいでなんだかかわいい

 

amazon見ていただいてもどれも評価が高いメーカーです。

回転式が好きな方はそのままフィリップスを購入されることおすすめするんですが、往復式で考えると、圧倒的にハイコストパフォーマンスです。ネームバリューやシェアを考えるとブラウン、パナソニック、フィリップスが優勢だと思いますが、是非マクセルイズミも候補に入れてみてください。

素晴らしいお仕事をされている日本のメーカーでした。是非ご参考ください。

0
Instagram Feedly