iPhone・パソコン・ガジェット

素晴らしきカニクランプの世界

今日はガジェットをサポートする器具の話です。 よくカメラマンが使用している薄い板から、厚い板、そしてパイプ類へも簡単に固定できるクランプがあるんですが、amazonで簡単に手に入るようになりました。普通で買うと3000-5000円はします。 そんなプロ用機材がお手頃価格で買えるようになってるんですから使わない手はないです。 今日はそんな話をさせてください。

カニクランプってなに?

このカニみたいなクランプ カニクランプは正直発明です。 撮影の現場ではあたりまえなのに、あまり普通の市場に降りてきていなかったものの一つ。

w3/8 インチとw1/4インチのネジ穴がついていいるためここから様々な機材(照明機材、音響機材、カメラ機材) へと拡張が可能になります。

このクランプがあればiPhoneやGoproなどありとあらゆるカメラ、マイク等を好きなところに固定できます。

このクランプの素晴らしいところは何でも挟めるところ。

薄い板から

分厚い板

更に丸棒まで何でも来いです。 建築現場の単管ぐらいまで挟めます。

カニクラ+αで広がる世界

とにかく便利なカニクランプなのですが、このオプションパーツで更によくなります。

その名もマジックアーム

この商品が良いのは360度調整できるボールヘッドが2つ。 更にそれをねじ一つでロックできるところにあります。

ちょっと話が脱線してしまいますが、皆さんのスマホ 裏が忙しくないですか? 

これにiPhoneなどを取り付けたいのですが、 

私のはこんな感じ。このようにスマホ裏が忙しくなると普通のスマホホルダーだと挟めないんです。 自転車につけるジグやリングなどでいっぱいです

お気に入りのスマホのレンズが隠れるカバーなのですが 気になる方は過去ブログ見てみてください。

そこで登場するのがULANZIのマウントです。

このように奥行きがしっかり確保されています。

このulanziその事考えてあります。 しっかり隙間が開いてる。

例えばラジコンを操縦しながらビデオを取りたい時などこんなプロポの上にiPhoneを固定できたり、様々な用途で使うことができます。プロポのハンドルに挟むなど今まで考えれなかった取り付けがカニクランプなら可能。

机に挟んで手元の動画も撮影できます。

更にヘッドにカメラのアクセサリーシューの溝がついているため、マイクや、こんな照明も取り付けられます。

写真のUlanziのライトはこれまたおすすめで、色温度2500K-9000Kを自由自在に調整できます。2000mAhなので100%の出力でも2時間ぐらい持ちます。usb-cで簡単に充電できるためものすごく手軽なので、zoomなどの打ち合わせに使ってます。

このライトは手軽なので一つあるとオンラインミーティングかなり写り良くなります。 軽いのでモニター上にも置けます。ほんとに便利。 

MTGのときは先ほど紹介したスマホマウントのヘッドにライトではなくマイクを付けて カニクラからミーティング用マイクを伸ばしています。 

ロゴの面が見えているので正直スマホホルダーを利用している感じにはなりません。

その他気になる商品としてこんなのも

ついでになのですが、是非他のものも紹介させてください。

重たいものは机から棒を伸ばしましょう。

なので机から色んなものを伸ばせると便利なので このような商品もおすすめです。

机の上から伸びる棒

棒さえ伸ばしておけば マイク ライト 重たい一眼レフ なんでもござれ カニクラで取付可能になります。

軽いものは 机の上から伸びる三脚 

スマホマウントは360度回転するものもあります。

 go pro ぐらい軽いものだと 机からこれがあれば簡単に取り付けできます。

ただ重たい一眼などは固定できないため難しいです。 マイクやgopro、iPhoneなどはこれで大丈夫です。

SmallRigはiPhoneガチ撮影系も楽しくてこんなハンドルもあります。

あとがき

海外メーカーの精度が上がり、このような業務用のジェネリック機材が格安で買えるようになりました。こんなものがこのお値段で手に入るのか…という部分はメーカー様の立場で考えるとほんとに大変だなーという気分になってしまうのですが、よく考えられているし、使いやすい…. この流れは逆らえそうにないです。

いろんなクランプがあるのですが、カニクランプはほんとに便利なので、まだご存じない方は是非取り入れてみてください。

0
Instagram Feedly