家具・住空間・キャンプ・アウトドア・旅

バウルーとケリーケトル持ってキャンプ行ってきました。

先週末 奥多摩の方にキャンプに行ってきました。

今回キャンプに投入した新兵器は バウルーホットサンドメーカー。

ホットサンドを作る機械です。

ホットサンド業界では知られた名品で、満を持してこの機会に購入しました。

普通のホットサンドメーカーと違って勝手に切り込みを入れてくれたり、

なんだか美味しく焼けるらしく、

専用本まで発売されています。

 

バウルーって何?

なんでバウルーって呼ばれているのかというと

ブラジルのサンパウロ州のバウルー出身の青年が、学生寮でこの器具を使い美味しくパンを焼いて食べていたことから広まったそうです。

つまりその学生が焼いていたホットサンドは商品名になるぐらいやばかった。

期待大です。

パッケージも可愛い。

f:id:talbotbuy:20160714114239p:plain

この内側の膨らみが美味しさの秘密かもです。

中はフッ素コーティングで焦げ付きません。

f:id:talbotbuy:20160714114343p:plain

横から見るとこんなにふっくらしています。

f:id:talbotbuy:20160714114445p:plain

ホットサンドの作り方はとっても簡単でパンにバターを塗り、

f:id:talbotbuy:20160714014723p:plain

食べたいものを挟んで、

f:id:talbotbuy:20160714014555p:plain

この写真の上にもう一枚パンをのせ 挟んで焼くだけ

これだけでなぜか中に挟んだものの旨味があぶり出され、

普通のサンドイッチの数倍美味なります。

さてキャンプなのでバウルーを炭で焼きたいところなのですが、

注意が必要。 バウルーはアルミ合金なのであまり高温になりすぎると痛んでしまいます。あと温度コントロールが炭では難しい。

確実に美味しく焼きたい。

で投入したのがこれ

イワタニのカセットバーナー。

これものすごく小さくて便利です。

こんな感じで収納できます。

f:id:talbotbuy:20160714114636p:plain

中では小さく折りたたまれています。

f:id:talbotbuy:20160714114720p:plain

開くとこんな感じ。

f:id:talbotbuy:20160714114832p:plain

可愛いです。

こんな感じでカセットコンロを入れて右に回し固定。

f:id:talbotbuy:20160714114917p:plain

火花を飛ばすスイッチもあるのでライターすらいりません。

f:id:talbotbuy:20160714115021p:plainこれで片面1分焼くだけで いい匂いがしてきます。

逆さにしてもう1分

完成しました。

f:id:talbotbuy:20160714015047p:plain

やばいです。

バウルーの形が圧着するようになってるため、ある程度パンがくっついてくれます。

これが本当に食べやすい。 

味は絶品です。

嘘みたい。同じ具材とは思えないぐらい美味しい。

なんなんですかね? 

バウルーの空洞がいい意味で蒸し器みたいになって野菜が温野菜状態です。味もあって柔らかい。

このペースで焼けば3分に1枚焼けるので、

4分割してあったかいホットサンドをキャンプの朝食に提供できます。

あまりに感動して切ったあとのホットサンドの写真撮り忘れていました。w

 マニュアル読むと最初からパンを切っていてもいいみたいですね。今度やってみます。

f:id:talbotbuy:20160714115147p:plain

あとホットサンドにコーヒーもあれば最高です。

お湯はケリーケトルで沸かします。

f:id:talbotbuy:20160714015856p:plain

 ケトル自体が煙突構造になっていて完全燃焼します。

煙突のおかげで勝手に上昇気流が発生し下から空気が自動的に入っていきます。

風を送らなくてもこのように完全燃焼。 煙突ってすごい。

f:id:talbotbuy:20160714135353p:plain

こんな感じに燃料を入れ 火をつけるだけ

f:id:talbotbuy:20160714020355p:plain

乾いた葉っぱ乾燥した木 なんでもいいのですが、松ぼっくりがあれば最高です。

こんな草系だけだと 燃料を上から継ぎ足しながらお湯が沸くのに4-6分かかります。

松ぼっくりがあれば3分ぐらいです。

河原でも簡単にお湯沸かしができます。

f:id:talbotbuy:20160714020700p:plain

私の持ってるのは1.2リットルのステンレス。

ケーリーケトルはアルミとステンレスがあるのですが、下に炭とか入れて高温にする間違った使い方をしなければアルミでも十分長持ちすると思います。

写真では判りにくいのでこれぐらいの大きさです。iPhone6plusと比べてみました。

f:id:talbotbuy:20160714115452p:plain

ちょっとでかいので車でのキャンプ用です。

裏から見るとこんな感じ。煙突状になっています。

f:id:talbotbuy:20160714115619p:plain

 すすで真っ黒ですが。

 お湯の注ぎ方はこう

f:id:talbotbuy:20160714121722p:plain

ハンドル持って後ろのくさりを引き上げます。

ロゴも可愛いです。

f:id:talbotbuy:20160714121815p:plain

なんでこんなものでお湯を沸かすの?と突っ込まれそうですが、

そこはロマンで….

確かにイワタニのバーナーでもケトルを上に置けばお湯が沸きます。

ただキャンプはやっぱりいろいろ過程があったほうが楽しいです。

あとバーベキューコンロでお湯を沸かすと、

火力の強い時は主役のお肉に持ってかれるため、食後のコーヒーにはコンロの炭が弱くなっています。お湯だけでバーベキューコンロは使いにくい。

なので横にお湯沸かせる機械があるとほんと便利です。

自然の力ですぐにお湯が沸くため。ただただ楽しい。

これなら子供たちにお湯沸かし担当という役割を与えられます。

1.2リットルなので4人分ぐらいのコーヒーならすぐに完成です。

これで自然の中で、ホットサンドを食べながらコーヒーという

至極のひと時を味わえます。

あともう一点今回投入したものでよかったのがバーナー。

f:id:talbotbuy:20160714122631p:plain

最初の炭の火つけがかなり楽になります。 さっきと言ってることが違うw

手間をかけて炭に火をつけるのもいいですが、会社関連のバーベキューの幹事をされてる方はマストです。あればものすごく便利。

あとこれ一番使えるのが弱火にしておいておくだけで、子供達の夜の手持ち花火の火付け役になります。 ロウソクもいいのですが、風のある日だとすぐ消えてしまう。

これだとしっかり弱い炎を出し続けてくれます。

この3つ

楽しいキャンプにはマストです。 

イワタニの製品は100均一で売ってるカセットボンベも使えるのですが、

イワタニのガスボンベそんなに高くないので純正品を使うことお勧めします。

ケリーケトルいらない! めんどくさい!!というかたは

イワタニのコンロにこんなやかんがあればOK

ただイワタニのコンロをバウルーが占領してるためコーヒーのタイミングがずれます

バウルーは楽天でたまに4000円台で出てる時もあるのでチェックしてみてください。

楽天だとarekoreさんが安いですが、入荷したら即完売。

うちは買いそびれて結局amazonで買いました。昔の安く買えた時代がうらやましいです。 この再入荷のお知らせ機能使ってみるのもいいかもしれません。

ケリーケトルの方はarekoreさんで買えました。 サイズ的には4人分のコーヒーが沸かせる1.2Lのステンレスかアルミお勧めです。

いろいろ書いてきましたが、これがあるとキャンプやバーベキューが少し楽しくなります。 必要ないと言われればそれまでなのですがw

お湯を沸かす方法はいろいろあるので、ケリーケトルでの方法是非参考にしてみてください。

ホットサンドに関してはバウルーに限らず、最高に美味しいので

キャンプでの朝食などに取り入れられてみてはいかがでしょうか?

0
Instagram Feedly