家電・オーディオ・カメラ

talbot one その後 開発日記 2

今日はtalbot oneの話です。

次期talbot one 出します詐欺に合われている皆様申し訳ございません。

そんないつ出るの? と心待ちにされている方がいらっしゃれば

私がラジコンで遊んでる画像をアップするたびに、心の何処かで落胆されていたかと思います。

「あーこの人遊んでると….」

先日は、

このブログでもプッシュしているベルギーの女性DJ Amelie Lens初来日はほんとに素晴らしかったですし、友人のイベント後からの子供連れのタミヤグランプリは 42歳を超えてから徹夜のままラジコンレースに出るという暴挙にでてしまいました。

(全くのパーティーピーポーではないです…)

 リンクを載せておきますので日々のジムでのワークアウトにお使いください。

Amelie Lens @ Awakenings Festival 2018 (01-07-2018) by Awakenings | Free Listening on SoundCloud

そんなことをしていると….当然ながらなかなか出品する個数を確保できないでいたのですが、なんだかんだおかげさまでご購入いただき lotは83個目までになりました。

次はヴァイオリンと同じスプルースをベースに。kitとして板材を販売する形をとろうか思い 材料供給は広島の工場様で実現することができました。以前のブログでもお伝えしたとおりなのですが….

ただここからが予想以上の問題が発生しまして… 板厚が安定しないんです。

f:id:talbotbuy:20190414165410j:plain

5mmの板材でも4.9-5.5mmと納品に幅が出てきます。

これを板材としてkitで販売すると組み立ててもらうと誤差が出る….

f:id:talbotbuy:20190414165553j:plain

若干合わせがずれます。

まあこれはしょうがないのですが、せっかくならもう少しグレードアップさせたい….

そこから旅が始まりました…

もう箱をプロフェッショナルにお願いしようと….

様々な箱メーカー様にご連絡させていただきまして、ようやく愛知のメーカー様で受けていただくことになりました。

スプルースはこのご時世、薄板でなかなか手に入れるのは難しいため、広島で材料、愛知で生産の奇跡的なコラボレーションです。

で愛知のメーカー様から仕上がってきました。

f:id:talbotbuy:20190414171152j:plain

ファーストサンプル…..

めっちゃ美しい…..

f:id:talbotbuy:20190414171240j:plain

つなぎもパーフェクト….

今セカンドサンプルをどう改善して発注するか思案中です。

サイズ感はそのままで奥行きで内部容積も少し変更するかもです。

f:id:talbotbuy:20190414171517j:plain

裏板も左メープル 右スプルース

こんなに美しいと 塗りたくない…

どちらでいくというよりもメープルは明らかに材料代が高くなるので価格帯を変更して両方出そうかと思っています。 オールスプルースのモデルは音が優しく聴き疲れしません。

これはこれで良いです。

現行で販売しているものは私の時間がなかなか大変な作業なので、

現在全く在庫がないですが、今後出すか検討中です。

ただ新しいモデルの販売がスタートすれば、現在のものは出さないつもりです。(今の所)確実に新モデルは2-3ヶ月はかかります…

もうすでに現行モデルを購入していただいた方は安心してください。

正直あれはあれで素晴らしいです。音質もそこまで変わるわけではありません。

次のモデルはあのお値段で到底出せない….

次のモデルは箱ができてるためそのままユニットをインストールするだけ、塗ってもいいし塗らなくても十分綺麗 という感じです。

とにかく あまりにご報告できていなかったため近況報告でした。

お楽しみにしてください。

0
Instagram Feedly