家具・住空間・キャンプ・アウトドア・旅

1万円で出来る 壁面 下駄箱収納

f:id:talbotbuy:20170326214132p:plain

今日は収納の話です。

うちは賃貸の古いマンションなので下駄箱のスペースがなんとも小さいのが悩みでした。

家族からももっと大きい下駄箱リクエストがあったのですが、 このブログでも紹介した足場板で作ってみようかとか? IKEAや無印で探してみようかとか色々考えてました。

ただ作るとなっても下駄箱… 普通のラックと違って、横板が多数必要です。

結構な板材枚数で、DIYでも高くついてしまいます。

靴を入れることを考えると、最低でも奥行き30cmは必要。

足場板を使うと幅が23cmなので奥行きを継ぎ足ししなければなりません。

下駄箱なんだからお値段少しセーブしたい。 でも容量が欲しい….

そんなこんなで悩んでいたところ、

DIYする必要がなくなる商品に出会いました。

この写真の商品なのですが2台セットで売られています。

それもセットで1万円ちょっと。

こういうタイプのものは茶色! とかはあったんですが、

この製品が偉いのは白を作ったこと

ルーバー+茶色だと急に昭和っぽさが出るんですが、

白なら急に北欧に見えます。

不思議なもんです。

f:id:talbotbuy:20170326215635p:plain

棚の高さ枚数も自由に変更でき、結構な収納力です。

これをDIYで製作しようとすると、一体いくらかかるんだろうという感じです。

下駄箱には他の家具と違って通気性が重要。

これは表全てがルーバーです。 デザイン性も通気性も考慮されていて言うことなし。

この商品を見た瞬間 自分で作るという発想はどっかに行ってしまいました。

f:id:talbotbuy:20170224144751p:plain

注文するとこんな感じで2箱届きます。

f:id:talbotbuy:20170326220549p:plain

 一見雑に入っている感じですが、マニュアルも親切で問題なかったです。

f:id:talbotbuy:20170326221027p:plain

ネジ類もこのように品番が振られていて、組み立てマニュアルに対応しています。

f:id:talbotbuy:20170326221136p:plain

 組み立てていきます。

素材のクオリティーはIKEAと同じくらいです。

f:id:talbotbuy:20170326223545p:plain

f:id:talbotbuy:20170326224223p:plain

裏もこうのようなパーツで固定していくため、裏蓋が抜けることはありません。

f:id:talbotbuy:20170326230158p:plain

1個完成しました。

f:id:talbotbuy:20170326224816p:plain

同じ要領で2個製作。

1個の制作時間は40分ぐらいです。

上下の接続もダボを使います。

f:id:talbotbuy:20170326233905p:plain

さらにサイドを金具で固定することも可能な仕様です。

玄関部分に置いて見ました。

f:id:talbotbuy:20170326234046p:plain

ぴったりです。

光が入る窓以外ほぼ壁面全て下駄箱完成です。

家具自体はお安い商品なのでikeaぐらいのクオリティーですが、

このルーバーのおかげで一見安っぽく見えません。

1台の大きさが

幅 60cm  奥行き34.5cm 高さ93cm です。

靴の入る部分の奥行きは30cm なので 27.5cmの私の靴も入ります。

なので2段重ねた高さは

60cm×186cmの壁面収納になります。

これに対して横板が6枚ずつの12枚。

素晴らしい収納力です。

買ったのはこれ。

 

取っ手違いでさらにお安いタイプや、日本製のシンプルなもっと上質な物もありました。

楽天で下駄箱探すと意外に考えられたいい商品が多いです。

賃貸のせいかもしれませんが、今回の下駄箱は大正解でした。

もちろん値段が値段ですので、

ikeaの家具のようなクオリティーが苦手な人以外には

お勧めできる商品でした。

是非ご参考ください。

今回のは幅60cmですが同じタイプで幅90cmもあります。

是非検索して見てください。

楽天 下駄箱 

0
Instagram Feedly