生活・雑貨・文房具・ファッション

ながらフィットネスバイク FLEXISPOT V9 デスクバイク

今日はフィットネスバイクのお話です。

年中在宅ワーカーの私にとってコロナ禍の中であまり生活は変わっていないのですが、ジムに行けないのがやはり辛い。 ワクチン打ったら大丈夫なのかもしれませんが、普段どおりの生活に戻れるのはまだまだ先になりそうです。

ジムに行った場合 ルームランナーで走って筋トレもしているのですが 走っている間は前のテレビを見ています。 つまり何かをしながらトレーニングしているのですが、パソコン作業やインターネットしながらトレーニングできるとしたら、なんだか時間を効率的に使えたような気がしませんか?

まさに今このブログを書きながら漕いでます。

ジムのフィットネスバイクに乗りながらなにか思ったことありませんか? この時間に仕事できるのにと….

今日紹介したいのはそんなことを叶えられる道具になります。

明日まで amazonプライムデーで安く買えます。

デザインも秀逸なのですが、CESで2018年イノベーションアワードを受賞しました

フィットネスバイクとしての効能をあげると

ひざを痛めない

体重の重たい方がいきなりランニングなど始めてしまうと、ひざに負担がかかります。健康のためのランニングですが、ひざを痛めてしまう方も多い。 サドルに荷重がかかるフィットネスバイクなら ひざへの負担がかかりません。

有酸素運動

有酸素運動は健康にいいと言われていますが 具体的に筋肉を動かすエネルギーに酸素を使う運動。 少量から中程度の負荷をかけて行う運動になります。 一方無酸素運動は筋肉の中の糖質をエネルギー源として使うため、短距離走など集中負荷の場合に起きるみたいです。 つまり有酸素運動の場合脂肪を燃焼させるため、ダイエットに最適と言われるのがこの部分です。

20分以上の有酸素運動で脂肪を利用する割合が増える

有酸素運動なのですが、20分以上続けると脂肪を利用する割合が増えます。 なので20分以上続けれる、ながらフィットネス器具が有効理由です。

身体の70%の筋肉が足に集中

脂肪より筋肉のほうがエネルギーを使います。なので体の中で筋肉が多いほうが、動いていなくても基礎代謝があがりエネルギーを消費するのですが、筋肉の70%が足に集中しています。 つまり足を筋肉質にするとそれだけで基礎代謝が上がり、運動しなくてもエネルギーを消費しやすい体になります。

都内より地方のほうが置く場所あり

都内の住宅においてフィットネス器具のスペースを確保するのは大変です。運動面に関しても、意外と都内の人は良く歩き、自転車に乗ります。 一方地方では、コンビニ行くのも車なかた多いのではないでしょうか? 車による運動不足です。 なので広い場所が確保できる住宅環境にいる人ほどながらフィットネス良いのでは思いました。

ながらフィットネスバイクのすすめ

フィットネスってなかなか難しくて、一番の問題は

その時間を作れるか?

ということです。

一方、テレビを見たたり、インターネット、e-mailなど、続けようとしなくても勝手に続くものもあります。ながらフィットネスの良い点は、

必ず続けているものにプラスすることで、その時間をフィットネスに変換できる

という点です。

ジムに行くなら家から行き30分 ジム1時間 帰り30分の 2時間必要です。 この2時間を作るのが大変。

FlexiSpot V9の場合このアームレスト付きの台がワークスペースとなります。 なので朝のメールチェックの30分がワークアウトの時間にもなります。

今 MacBook 13インチを置いているのですが、マウスを動かせる広さがあります。 ちょうどよいデスクスペースです。

机の位置も上下はもちろん、前後にも動かせます。

ペダルを漕がなくてもデスクを手前にスライドさせことでスタンディングデスクとして利用できます。

Flexispotはもともとスタンディングデスクの専門メーカーでもあります。

椅子の上下もここのレバーで可能。

コースターもありここにドリンクを置けるのですが、このコースターを剥がすと電池が入れられて、カロリーや回転数などディスプレーの計器用の電池になります。

このダイヤルで負荷をかけるのですが、 日常のロードバイクの平地走行が3-5ぐらいの負荷で、7や8とかはかなりの坂の感じになります。 流石に7や8で5分も漕げば 作業ができず汗だくです。 なのでながらフィットネスには2-5ぐらいがおすすめ。 

メーターの機能としては

SCAN(スキャン:データは自動的に切り替え)、TMR(時間)、SPD(速度)、DIS(距離)、CAL(消費したカロリーの目安)、ODO(概算距離)、RPM(1分間の回転数)

などに対応しています。 時間で決めてもいいですし、毎日3kmなど目標設定がしやすいです。

本体似電源がないのと、キャスターがあるためどこへでも移動が可能です。

普段自転車乗っている身としても

普段自転車乗ってるので、こういうのは必要ないのかなと思ったのですが、少しの負荷をかけてのながら作業は普段の自転車とは別物でした。 ルームランナーのようなフィットネスマシンではメール打つなんて不可能なので work+フィットネスに最適なマシンだと思います。

リビングにこれを置いてるのですが、奥さんはこれを漕ぎながらツムツム、部活はじめた長男色んな人が 交互に乗ってます。 コロナ禍 ジムに気軽に行けない日が続きますが、少しでも時間を有効活用しながら体の調整も行える。 こういうフィットネスの方向性もありなんじゃないかと思います。

是非ご参考ください。

現在amazon プライムデーで明日6/22(火)まで表示価格より21%off です。

公式サイト  公式サイトもamazonに合わせて安くなってます。 こちらがどこまで継続かわかりませんがamazonで買い逃した人はこちらもみてみてください。

FLEXI SPOT AMAZON STORE スタンディングテーブルをお探しの方は是非

FLEXI MOUNTS すでにスタンディングテーブルお使いの方はバイク部分だけも売ってます。