生活・雑貨・文房具・ファッション

UNIQLOのtシャツを買ってみて思うこと。

今日はUNIQLOの話。

UNIQLOはよく買います。 +Jとか企画ものは特に。

最近のジョガーパンツはかなり当たりでした。

ただ今まで買ってこなかったものが…

それがTシャツです。

理由は着たいと思えるものがなかったのですが、

最近グラフィックのセンスがぐっと良くなり、

欲しいものが見つかるようになりました。

買ってみて

着てみて

デザインを見て

思ったことが…

このt-シャツはすごい…..

一度でもTシャツを作った人なら分かるのですが、

T−シャツは基本的にシルクプリント 版代がかかります。

例えば絵柄が大きくなると、その版も大きくなるためどんどん商品単価が上がってしまいます。

何かオリジナルTシャツを作りたいと思って、業者さんの方に依頼すると大体こんな感じ。

f:id:talbotbuy:20160511114027p:plain

これでも相当でかい版サイズに対応している業者さんです。

当然背中にプリントすると版代金は倍になります。

もちろん色数が増えてもさらに倍。

あともちろんこれはダメ。

f:id:talbotbuy:20160511114109p:plain

既製品のシャツにシルクスクリーンで刷るため、

厚みのある部分があると

うまくインクが刷り込めないからです。

UNIQLOのTシャツの本当の凄さは

大量生産だから成せる技。

全面プリント

f:id:talbotbuy:20160511114326p:plain

全面カートコバーン

f:id:talbotbuy:20160511114434p:plain

全面グラフィック

カートコバーンTに関しては襟の内側までグラフィックが入っています。

f:id:talbotbuy:20160511114533p:plain

もちろんこれはTシャツになる前の縫製段階から生地にグラフィッックが刷り込まれているからできる技なんですが、

インディペンデントなブランドを小ロットで展開しようとしている人たちには

涙レベル。それが1500円です。

アーティストへの支払い、Tシャツの原価、グラフィックの版代が製品の上代にのってきます。 50枚 100枚のオーダーだと

このTシャツいくらの上代になるんでしょうか?

さらにこだわるとS M Lサイズで版の大きさを変更しなとデザインのつじつまが合わなくなってきます。

つまり小ロット+既製品のTシャツ+シルクスクリーンプリントでは到底販売できないデザインなんです。

やるとしたら 業者に頼まず無理矢理自分で襟の上からシルクスクリーンを刷って見るとかパンクな方法ですが、かすれなど楽しむ余裕がないと製品にはなりません。

セデショナリーズな世界です。

是非今度UNIQLOに行かれた際は見てみてください。

少し楽しくなるかもしれません。

もちろんデザインの気に入ったものを買えばいいんですが

このような視点で見ると全面プリントオススメですw

このブログで紹介したニーチェア 今ポイント10倍です。

楽天ポイントで3780円帰ってきます。 かなりお買い得じゃないでしょうか…. 

 

 

0
Instagram Feedly