家具・住空間・キャンプ・アウトドア・旅

永遠の謎。テンピュールとマニフレックスどっちがいいの?

マットレスの話

今日は1日の1/3は過ごすであろう、マットレスの話です。

日本の住宅事情に考慮した、3つ折りで押し入れにしまえる布団型マットレス。 その中でも特に人気商品のテンピュールとマニフレックス。

日本では特にこのどちらを購入しようかでかなり迷うポイントだと思うので、両方使った立場から色々ポイントご説明できればと思います。

かなりニッチな領域でのご紹介ですが、迷われている方にはご参考になるかと思います。

押し入れにしまえるタイプとして代表的なのが 写真の二つ

この2大商品が日本での売れ筋です。

長く使うものだし、ある程度お値段がします。だから余計選ぶのが慎重になる。

東京西川のairも気になりますが3つ折りができないので今回はこの二つに絞ります。

そんな中 私の寝具事情に異変が起きました。

今自分のメインベットはこのブログでも絶賛したニトリ シーリーの6902(現在6940)でした。

 

マットレスではなくベッド。もう離したくないぐらい寝心地がいい。

ただ問題が一つ

ダブルベットで一人で寝ていること。奥さんは子供の寝かしつけで別の部屋…

私とシーリー6902ダブルの生活は終止符を打つことになりました。我が家からベッドはなくなり全員布団生活になります。

部屋を有効に使うことを考えると、布団は素晴らしいのですが、シーリーでねれなくなった事はちょっと寂しい。

さて….

新しいマットレスを選ぶことになったのですが、 

うちは無印良品や楽天でかなり安めのマットレスを3-4個買った末、テンピュールfutonデラックスにたどり着きました。他のマットレスは1年目は良くてもへたってくるんです。

そんな中テンピュールのFUTON デラックスは最高です。もう5年使ってますが全く問題ありません。

なので、テンピュールをもう一つ購入すると、話はそれで終わっていました。

 

せっかくブログを書いてるので何らかお役にたちたいのと

自分の興味もあります。

もう一つの売れ筋、マニフレックス試してみようじゃないかと….

いつもテンピュールのFUTONの対抗馬として比較されるやつです。

新品を買って比べてみるのはさすがに高く付くので、

オークションでいい状態のものを落札して テンピュールと使い比べてみることにしました。

さてどうなることでしょうか…….

テンピュールとマニフレックス サイズを比べる

サイズについて

保管の際に押し入れに入れた時のサイズもかなり気になるところ。あまりかさばっても保管ができないため比べてみまし。

横にすると結構厚みが違うのがわかります。

f:id:talbotbuy:20160522013211p:plain

3つ折りにした時のサイズは?

テンピュール futon デラックス  22cm
マニフレックス メッシュウィング  33cm

テンピュールに軍配

その差9cm です。 これは少しでかい。

持ち運びにしやすさは?

テンピュールFUTONデラックス 7.5kg
マニフレックス メッシュフィング 7kg

重さはマニフレックスに軍配 

その差500gですがメッシュウィングでかいです。

なので取り回しのしやすさ、収納を考えるなら

テンピュールです。

テンピュール マニフレックス中の構造を比べる

開けてみましょう。

テンピュール FUTON デラックス

2重構造です。 普通のスポンジの反対側 ファスナーに隠れてる方が

テンピュール素材です。

f:id:talbotbuy:20160522013959p:plain

写真に見えてる方が柔らかいスポンジ。 テンピュールは反対側に隠れています。

f:id:talbotbuy:20160522014043p:plain

出てきました。これがテンピュールです。

f:id:talbotbuy:20160522014124p:plain
f:id:talbotbuy:20160522014309p:plain

このようにセパレートされて入っているためへたってきたら入れ替えれます。

ただ5年使っていますが、全くへたってきません。

押してみると

f:id:talbotbuy:20160522014754p:plain

しっかり手形がつきます。

これが低反発の証。 普通のフェームではこんな感じにはならないです。

FUTONデラックスは45mmのテンピュールフォームとスポンジの組み合わせ。

さてマニフレックスはどんな感じでしょうか?

マニフレックス

f:id:talbotbuy:20160522015157p:plain

同じようにサイドから中を取り出せます。

f:id:talbotbuy:20160522015239p:plain

これがマニフレックスのフォーム エリオセルです。

テンピュールFUTONデラックスとは違い、これのみです。

見た目そっくりですね。ただ押してみると全く違う。

これぐらい強く押しても

f:id:talbotbuy:20160522015449p:plain

全く型が残りません。

すぐに戻ってきます。普通のスポンジの挙動と言いますか反発してきます。

そっくりですが全く違います。

テンピュールとの大きな違いは通気性があること。汗も湿気も貫通します。

なのでカバーもメッシュ素材です。

f:id:talbotbuy:20160522015820p:plain
f:id:talbotbuy:20160520181755p:plain

テンピュール マニフレックス それぞれの特性について

さて….そもそもこの二つは大きな違いがあります。それは

テンピュール 低反発  (テンピュール)

マニフレックス 高反発 (エリオセル)

良い点と悪い点をまとめると….

低反発  (テンピュール)

良い点

ゆっくりと戻る
体が包まれているようなフィット感
体圧分散力が強い
寝心地がいい

悪い点

夏暑い 通気性が良くない

高反発 (マニフレックス)

良い点

体が沈み過ぎない
寝返りが打ちやすい
温度変化によっても同じ寝心地
空気を吸収し、発散することが可能
寝心地が硬い

悪い点

通気性の良さからマットと床でカビが発生する可能性

どちらのHPを見ても 低反発の方がいい!! いや 高反発の方がいい!

両者一歩も譲りません。

テンピュール マニフレックス 寝心地について

これは残念ながらテンピュールの方がいいです

ただ体重によって変わってくるかもと思いました。

人の体は体重差があるためショールームで寝比べていいものを選ぶのが一番なのですが、両方使ってみてわかったことが…..

それは マニフレックスは慣れるまで時間がかかる!!

テンピュールのFUTONの方はショールームで寝た感じを最初から発揮してくれます。

マニフレックスの本領発揮は寝だして1週間ぐらい。

最初固いなーと思っていたのですが、1週間ぐらいから丁度いい感じになってきました。

これは気のせいなのかフォームのせいなのか?ですが

あたり が付いてくるんです。

体に馴染んできます。2ヶ月ほど使っていますが、さらに馴染んできてます。

馴染んできた上で判断すると、私は60kgなのですが、 テンピュールやニトリシーリーになれた私は、マニフレックスは若干固いように感じます。

なのでマニフレックスは体重が重い人には最適なバランスかもしれません。

あとは固いお布団が好みの方。

マニフレックスもやはりその要望が多かったのか少し柔らかいそうをミックスした

レオナルドDD というラインを出しています。 ただ少し高くなります。

ニューバランスも体重に合わせてスニーカーのソールを変えていけるように3Dプリンターで実験中ですが

ニューバランスが、3Dプリントでやろうとしていること – ライブドアニュース

そもそも100kgの人も50kgの人も同じフォームというのはやはりおかしいような気がします。

テンピュールの方は水のように体圧を分散するため、体重が軽くてもしっかりサポートしてくれそうです。

テンピュール マニフレックス それぞれの通気性について

寝心地がテンピュールがいいのはわかったかと思うのですが、テンピュールには欠点があります。それは熱がこもるということ。

あれだけスポンジが体のラインに沿ってくれると冬は暖かいのですが

夏は暑い時があります。

あと素材自体も夏の方が柔らかいという特性があります。

それに比べマニフレックスは通気性の塊。 寒いとかは全くありませんが汗や、湿気を通してくれます。ただこれにも欠点があり、しっかり干さないとカビがテンピュールより発生しやすいです。

真夏にテンピュールを使ったこともありますが、1年を通して考えると、テンピュールが暑く感じるのはほんの数日。うちは冷却ベットパッドを敷いて対処してるのでさほど気になりません。

テンピュール マニフレックス 価格について

さて問題の価格です。

価格について現在amazonで調べてみると

テンピュールfuton デラックス 49800円

マニフレックス メッシュウィング 33858円

その差15942円

毎日使うものとしたら この差だったら10年使うと考えてテンピュールをお勧めします。

あとマットレスは本当にいいものを買っといておいたほうがいいのは確かな商品で

マニフレックスのメッシュウィングは基本的に10年保証。へたりません。

ヤフオクで買っても安心ということです。

ただし、スポンジに毛などが絡まってる可能性があるため綺麗に清掃してもらいましょう。カバーは洗濯できます。

結論

最初から金額出せるなら 
テンピュール futon デラックス

やはり売れ筋商品、マニフレックスのメッシュウィングも素晴らしいマットレスです。

私もせっかく手に入れたので当分マニフレックス使います。

なので甲乙つけがたいのですが、1個どちらかを選ぶとしたらテンピュール。

やはり収納しやすさと寝心地に軍配が上がりました。

テンピュールに関しては、もう少しお安いタイプあるんですが、長く使うものなので、個人的にはデラックスがベストです。安い方を買うと物足りなくなり、デラックスに買い換えたくなる可能性が出てきます。

一番はショールームに行って寝転がって比べてみることなんですが、マニフレックスに関してはだんだん良くなっていく事を考慮してみてください。

少し固いと書いたマニフレックスメッシュウイングですが、

少し柔らかい層をプラスした

レオナルド  と言う商品が登場しました。テンピュールと同じぐらいの価格になるのでこれも楽しみです。さらに高いDDウィング というのもあります。ただマニフレックスの上位商品はどんどんお値段が高くなる+分厚くなるので、それならテンピュール futon デラックスがベストな選択かなと思います。 

長々となってしまいましたが、購入のご参考になれば嬉しいです。 

定年退職祝い、還暦祝いや、父の日、母の日のプレゼントなんか最適かもです。

TEMPUR(テンピュール) フトン デラックス
マニフレックス メッシュ・ウィング

こちらで各ECサイトの最安値探してみてください。

もしご予算があるならこの新製品 

テンピュールオールシーズンがおすすめです。東急ハンズで寝て見たのですが、冬場硬くなるなどテンピュールの持つネガティブな要素が全て無くなってました。

金額を出せるなら新製品のこれがベストです。

長々と書いてきましたが、是非ご参考ください。

0
Instagram Feedly